あおい情報システムロゴ

当社の制作基準

当社基準

クロスブラウザ対応どのブラウザからもなるべく同じ表示を

デザインが崩れたり、文字が変な方向へ飛び出ていたり…そんなサイトを見たことはありませんか?
それは、サイト制作者が1つのブラウザでしか確認をしていないことが原因かもしれません。
Webサイトを見るためのブラウザはInternetExplorer(IE)だけではありません。ほかにもFireFoxやSafariなど様々な種類があり、また同じ種類でもバージョン(IE9やIE8など)ごとに特徴が違うので、 表示がズレてしまうこともあります。また、ブラウザごとに対応しているプログラムにも違いがあるので動画が動かない、画像が見れないなどの問題もあります。 当社では、シェアの多い代表的な数種のブラウザで、見た目や動作のチェックを行っています。

SEOを意識した標準コーディング

検索しても表示されない!…では、せっかくサイトを制作した意味がありません。しかし「上位表示」だけを目的に、過剰な施策を施すと、 ペナルティーとして検索サイトから削除されてしまう危険性もあります。 当社では「Web標準」と呼ばれる正しいコーディングと言葉のマークアップで、「人にも検索ロボットにも読みやすいサイトであること」を念頭にWebサイト制作を行っています。

ユーザビリティーに配慮

サイトのターゲットによりユーザビリティを考慮する度合いは違いますが、ユーザの使い勝手を考えユーザストレスを極力減らせるよう、当社ではサイトデザイン&設計をしています。

<ユーザストレスが溜まるサイトとは?>

などなど…
情報が見つかりにくい、使い勝手が悪いサイトはすぐにページを閉じられてしまう可能性が高いのでユーザにストレスを与えないようにサイトを制作することは重要になってきます。 また、特定の人に配慮することも大切です。

ユーザにやさしいサイト

こちらもターゲットとする人によって代わりますが、配慮しておくことは大切なことです。

ページTop

ページ終了